自分に合うダイエット方法をまず見つけましょう


ダイエットをしてみようとして、やはりうまく行かずに失敗する人、結構たくさんいるのではないかと思います。私もその一人でした。なぜうまく行かないかというと、ハードルが高すぎるからです。甘いものを食べない、夜9時以降は食べない、油分は抜きなどといったダイエットは、もちろん成功する人もいるのでしょうが、私の場合はことごとく挫折しました。その結果、発想を逆転させることにしました。つまり甘いものを食べてもいい、夜に物を食べてもいい、油分の多い食事もしていいということにしたのです。だったら、ダイエットにならないじゃないかといわれそうですが、もちろんこれには条件があります。毎日のように甘いものを食べていたり、夜に間食をしたり、油分の多い食事をしたりしていては、当然ダイエットにはなりません。ですから、週2回は、このうちのどれかをしていいということに決め、それ以外は食事制限を厳しくして、体を動かすように心がけました。私の場合、仕事をしていても家にいることが多く、三食のメニューを自分で決めることができたのも、このダイエットが成功した一因だと思っています。しかし最初の頃は、その週2回が待ち遠しくてたまりませんでした。もちろん甘いものを食べていい日、油分の多い食事をしていい日などに分けていたのですが、1日は我慢できても、2日目になるとイライラして来ることもありました。

そのような時は、軽く体をほぐすことで対応していました。これを続けてひと月も経つと、甘いものや油分の多い食事、夜食などがなくても、さほどにつらさを感じなくなって行きました。もちろんその分体重が落ちていたので、それも大きなモチベーションになったのでしょう。ただ、2月目に入ったころから、あまり体重が落ちなくなったのです。以前の私なら、効果が出ないと思って、極端なダイエットに走ってしまい、無理にでも体重を落とそうとしたでしょう。実際、以前効果がなかった時には、絶食に近いようなことをして、かえって体調を崩してしまったこともあります。でも今回は、落ちないのなら落ちないなりに、今までのやり方を続けることにしました。そうするうちに、またじわじわと体重が落ちはじめ、3か月で理想の体重である55キロに戻りました。あせらずに、自分がやれる方法で体重を落とせて、本当によかったなと思っています。また、努力して体を動かすようにしたのも、いい結果につながったようです。その後も、できるだけこの方法を続けるようにしています。もし1キロか2キロ太っても、この方法を何週間が続けることで、簡単に増えた分を落とせるようになり、やっと自分に合ったダイエット方法に出会えて、よかったなと思います。